お知らせ

[一覧へ戻る]

【プログラムについて】がんと暮らしのカフェタイム:お金や仕事のこと

[2020/11/19]

☆がんと暮らしのカフェタイム
 毎月第2土曜日
 10:00-12:00
 お金、仕事などがんと暮らしに関する学びと対話、問題解決の場です。


☆担当
 久村和穂さん(医療ソーシャルワーカー:MSW)
名越睦子さん、小矢田由希さん(社会保険労務士:SR)
山窪純さん、高斉仁美さん(ファイナンシャルプランナー:FP)


☆ある日のがんと暮らしのカフェタイム
 10:00 今月のテーマについて、担当者からミニレクチャー
     4月10月医療費(公的制度)担当MSW
     5月11月休職(傷病手当など)担当:SR
     6月12月医療費(民間保険など)担当:FP
     7月 1月退職(障害年金など)担当:SR
     8月 2月職場復帰 担当:MSW
     9月 3月トピックス
     ※予定は変更となる場合もあります
10:30 経験談や悩み、質問など自由に
     テーマの担当に関わらずMSW・SR・FPが参加しています。
11:00くらいから個別相談のある方へ対応しつつ、座談は続きます。
12:00終了

※個別相談をご希望の方は事前にご連絡ください

☆がん暮メンバーに伺いました。

○「がんと暮らしのカフェタイム」をどんな時間にしたいですか?

[MSW久村さん]
 制度やサービスの知識だけではなく、専門職と当事者の経験、心持ちなどをシェアすることで、今まで気づかなかった知恵を発見する場にしたいです。

[SR名越さん]
 お金のことは家族や友達にも話しづらいが、そういうこともここでは安心して話すことができる、話していいという雰囲気を大切にしたいです。

[SR小矢田さん]
 その日のトピックスをきっかけに参加者皆さんでワイワイおしゃべりしながら、少しでも不安な気持ちが穏やかになったり落ち着いたりする時間になったらいいなぁと思います。

[FP山窪さん]
 自分の中がにあるモヤモヤが、スッキリする時間になったら個人的には嬉しいです。
 そんな制度あるんやとか、使えるかもとか、これから先の時間が少しでも明るくなるような感じになってもらえたらと思います。

[FP高斉さん]
 集まったみなさんでお茶を飲みながら、あっそういえばこれが聞きたかったー!ってその場で気軽に聞ける場にしたいです。
 私も今東京からオンラインで参加していますが、患者さんやご家族も遠くに居ても参加できることでひとりじゃないんだよって思ってもらえる時間になったらいいなって思います。

○担当者にとって「がんと暮らしのカフェタイム」はどんな時間ですか?

[MSW久村さん]
 いち専門職としても、3つの職種が揃うこの時間に解決できることがあり、頼りにしています。また、当事者のみなさんにとって、どんなことがわかりづらいのかを具体的に知る機会でもあります。

[SR名越さん]
 専門職と当事者がひとつになれる貴重な場だと感じています。

[SR小矢田さん]
 一つの悩みにもさまざまな視点があることを他の職種や利用者さんから気づかせていただける貴重な時間になっています。

[FP山窪さん]
 社会保障や公的保険のことをある程度は知ってはいるけど、専門家ほどの知識ではないので、その点ではやっぱり心強いです。
 また、その場であった事例は他の人の役に立てることが出来ますので、生きた学びの場にもなってます。

[FP高斉さん]
 自分の専門以外のプロと繋がることができて、利用者さんのナマの声が聞けて、その場で問題解決ができる時間です。


☆参加者の声
・ここに参加しなければ知らなかったことが沢山ある。
・がんになったら必ず参加しておくべき。
・テーマと関係なく、ここにくればソーシャルワーカーさんや社労士さん、ファイナンシャルプランナーさんがいて、なんとかしてくれると思っている。
・参加者さんの体験談や知恵からも勇気づけられる


☆ひとり暮らしのカフェタイム
 4月10月第3水曜日14:00-16:00
ひとり暮らしの方対象の学びと交流の時間もあります!
ひとり暮らしならではの困りごと、工夫を学びましょう
担当:久村和穂(MSW)

☆がんと仕事の相談タイム
 毎月第1・3金曜日 14:00~16:00
 ハローワークによる就労相談です。
 担当:就労ナビゲーター藤本順子

なんとかなるかもカード
はなうめ日記「がんと暮らし」の記事はこちら
はなうめ日記「がんと仕事」の記事はこちら(重複あります)

添付ファイル

がんと暮らしの相談リクエストシート(がんと暮らし相談リクエストシート.pdf, 90KB)