お知らせ

[一覧へ戻る]

【プログラムについて】壮年部:40−50代のがん経験者

[2020/11/02]

☆壮年部
 年4回(6,9,12,3月)
 第2金曜日19:00−21:00

 40−50代のがん経験者限定の時間です。

☆ある日の壮年部
 仕事帰りに寄られる方、ちょっと遅れてオンラインで参加される方。
 「最近こんな感じ」を自由にお話しします。
 「今日はこれを聴きたい!」「今日はこれを聴いてほしい!」ということも。

☆担当:ピアサポーター(同年代のがん経験者2名)

☆ピアサポーター久田さんに伺いました。
〇「壮年部」をどんな時間にしたいですか?
 40−50代はそれなりにいろんなことを経験し、一人の人としては成熟した年代だと思います。
 一方で親の介護や社会的な役割など、いろんなことを背負いながら、自分自身もがんの療養をしていると思います。
 がんにまつわることだけでなく、そんなことも出し合える時間にしたいと思っています。

〇久田さんにとって「壮年部」はどんな時間ですか?
 生き方、がんばっていること、がんへの向き合い方やとらえ方、人生の楽しみ方など、それぞれの違いを「そうなんだ!」と学ぶ時間になっています。
 40−50代はそれなりの人脈や情報収集力をもっていて、そういったことを活かした生きる知恵を知ることも、私自身の力になっています。


※感染対策のため、オンラインを併用し、来所参加については定員を設けています(2020年11月2日)